TOPPAGE ≫ 不動産投資とは?不動産投資の魅力とは?

不動産投資とは? 不動産投資の魅力とは?

不動産投資とは

不動産投資とは、不動産投資用の物件(アパートやマンションといった収益物件)を購入して、その購入した不動産投資の物件を他人に売却または賃貸によって投資収益を得る投資です。

かつてバブル期では、購入した不動産投資物件の値上がりを期待して購入して、値が上がった段階で売却して投資収益を得るという考え方が不動産投資の主流でした。

しかし、現在の不動産投資では、“賃貸して得られる家賃収益を目的”に投資をするケースが多く見られるようになりました。つまり運用利益を期待して、不動産投資収益を得る方法が主流となっているのです。

不動産投資は定期的に賃料収益を得ることができるため、安定して収益を得続けることができます。その一方、空室が増えてしまったり、建物の価値が下がってしまうという収益が下がるリスクもあります。
したがって、不動産投資は、収益を得る投資方法として「ミドルリスク、ミドルターン」だと言われています。

 

 

 

不動産投資収益の魅力

(1)私的年金としての不動産投資
公的年金である国民年金や厚生年金は、将来においてちゃんともらえるのかといった不安が叫ばれています。
一方収益物件は、アパートやマンションといった収益物件購入時にローンがあっても定年時までに完済できれば、その後の賃料収益は全てそのまま不動産投資収益につながります。

(2)生命保険の代替手段としての不動産投資
アパートやマンションといった収益物件をローンで購入すると、生命保険に加入することになります。万一、不幸にもローン返済中に返済者(購入者)が死亡した場合、ほとんどの場合団体信用生命保険が適用され、ローンの残債は保険から支払われることになります。
残されたご家族には、債務のないアパートやマンション物件という資産と月々の安定した収益を得ることができるのです。また、それを売却すればまとまった収益を得ることもできます。

(3)所得税対策としての不動産投資
不動産投資で得た投資収益にはもちろん税金がかかりますが、減価償却費、ローン金利、管理費、修繕費などは収益から外し必要経費として算入することができます。したがって、支払う税金は少なく済みます。

(4)相続対策としての不動産投資
不動産投資収益による節税効果として以下が考えられます。つまり、不動産投資は資産家にとってみれば、物納用地を潰すことなく相続対策を行うというメリットにつながるのです。
 @貸家建付け地収益物件としての評価減
 A小規模宅地収益物件の評価減
 B建物の固定資産税評価との差による評価減
 C借家権の発生による評価減その他に不動産投資により資産が増えることによって、相続人に収益を分配しやすくなる  というメリットも考えられます。

(5)インフレ対策としての不動産投資
現金は適切な運用をしなければ、インフレになった際に価値が目減りします。一方不動産は、物価が上昇した時には購入した収益用物件の資産価値や家賃物件収益も上昇すると予想されます。したがって、不動産投資はインフレ対策になるといえるのです。