TOPPAGE ≫ サラリーマンだって、土地がなくてもできる資産運用を考えている方はこちら

サラリーマンだって、土地がなくてもできる資産運用を考えている方はこちら

“サラリーマンだからできる”資産運用

“サラリーマンだってできる”ではなく、“サラリーマンだからできる”資産運用の形態が、「不動産投資」です。われわれがそのお手伝いを致しますので、ぜひお問い合わせ下さい。

従来アパート経営などの不動産投資は、地主さんが行うものと考えられていました。
しかし、昨今のサラリーマン大家さんの成功体験の開示の例を見るまでも無く、サラリーマンこそが不動産投資の適格者なのだ、という認識が増えてきました。
それは、定期収入のあるサラリーマンなら、多少のリスクの伴う不動産投資という事業に対するリスクヘッジができると考えられるようになったからなのです。
不動産投資というのは、特殊専門的な知識もあまり必要もないし(ただし、勝ち組大家さんになるには日々勉強が必要なのは、当然ですが)、会社に勤めたままで、その仕事を犠牲にすることなく、すなわち今までの勤務パターンを維持しながら、自らは働かずに第2の収入を得ることができるのです。生活費などの固定費は、あくまで給与所得から充当し、不動産投資から得た家賃収入はその投資に対する返済原資に充て、余剰利得は貯蓄などにまわすことが可能なのです。
自らおこなう会社やお店の経営などは、程度にもよりますが、失敗したら再起不能になることもあります。でも、固定給を得ているサラリーマンが行う不動産投資という事業には、冒険的な投資をしない限り、その破綻の可能性は低いといえます。たとえば、所有するアパートの大半が一時的に空室になったとしても、新たな入居者がはいるまでは、サラリーマンであれば給与等から返済することも可能なのですから。

 

 

 

土地がなくてもできる資産運用

 

故田中角栄氏の列島改造論の影響で地価が高騰したときや、バブル経済の地価高騰などの時代と違い、最近では、不動産投資の対象の一部である土地の価格が相対的に手頃になってきました。
土地の価格が安くなってきたのですから、土地を購入してアパートや戸建て収益住宅を新築して十分採算が取れることも可能になってきました(ただし、不動産投資のために土地を購入してアパートや戸建て収益住宅を新築する場合は利回り等を慎重に検討する必要があります)。
また、中古の収益物件も土地価格の低下に伴って土地なしの投資家にとって優良な投資物件になっています。
特に,建物の築年数が法定耐用年数近くの物件で、その建物がしっかりしており手を加えることにより実耐用年数が大幅に伸長する可能性があり、物件の価格がその土地の路線価に近い物件は狙い目です。
サラリーマンだって、土地がなくてもできる資産運用を考えている方はこちら




 ■まずは資産活用を含めた住まい方における人生設計をシュミレーションしてみましょう!!
  ≫あなたの人生設計をシュミレーション



 ■収益物件を購入して成功されている方の実例を紹介しています

  ≫人生設計サクセスストーリー