TOPPAGE ≫ 初めて住まい購入を考えている方

初めて住まい購入を考えている方

重要な住宅会社選び

今までの住まいの購入は、普通一生に1回でした。それも建物は20年から30年ぐらいしか持たないように作られていました。
しかし、これからの住宅は長期にわたって住み続けることができる必要があります。国も長期優良住宅の普及の促進に関する法律を制定して、長期にわたり良好な状態で使用することができる住宅(超長期住宅=200年住宅) の普及促進を図る制度を作りました。ただ、長期間その性能や品質を維持していくには、計画的な修繕等のメインテナンスが必要となるでしょう。
今後、長持ちする住宅が増えていけば中古住宅の取引が活発になるかもしれません。たとえば、新築から20年経ってから建物に全面的にリニューアルを加えて、なるべく高値で売却する。その売却代金で、別の地域の程度の良い築30年の住宅を購入する。欧米などでは普通の行為が日本でも行われるかもしれません。
建物は丈夫で長持ちするものを選ぶべきですが、建設会社も長期間存続してずーっと面倒を見てくれるところを選ばないといけません。倒産しては元も子もありません。大手や中堅住宅メーカーでもこれからは全てが生き残るかというと、大企業でさえ淘汰されていく世の中ですから大いに疑問です。
手前味噌になりますが、地域密着で財務基盤のしっかりした工務店が生き残るかもしれません。大きな住宅会社だと多くの社員を抱えており固定費がかさむので、たくさんの棟数をこなす必要があります。しかし、そうした工務店は、小人数で1棟1棟丁寧に作り上げています。不況に巻き込まれて倒産する可能性が少ないのです。
存続できる建設会社かどうかはにわかには判断が難しいですが、着工前に多額の契約金を要求したり、完成前に請負金額の大半を要求するところは要注意です。
現在では、住宅瑕疵担保責任保険とは別に住宅完成保証制度もありますが、上記のような建設会社は、経済情勢の悪化によって資金繰りの面で存続できなくなる可能性もあります。

 

 

初めての住まいを購入・・・でも、ちょっと待って

現在アパートやマンションなどの賃貸住宅にお住まいの方の大半は、将来の住まい方についてお考えのことでしょう。
将来は分譲マンションに住みたいとか、土地を購入して注文住宅を建てようとか、いろいろな選択肢があると思います。

今後、分譲住宅を買うにしても注文住宅を建てるにしても、今までの固定観念を捨てて将来のライフスタイルやその物件の資産性に着目して決めてもいいと思います。
たとえば、比較的に大きい土地を購入して収益型住宅を建てて、5年から10年人に貸して、或る程度ローンの返済をしてから自分で住む。
建物が新しいときは自分で住みたいのが人情ですが、価値の高いときに高い家賃で貸すという合理的な行動も時には採用してもいいと思います。
住まいを建てる・購入する際、どのような物件をいつ、どのような順番で購入するかによって人生設計は大きく変わってきます。
われわれがそのお手伝いを致しますので、ぜひお問い合わせ下さい。
初めて住まい購入を考えている方

 






 ■初めて住まいの購入を考えている方にはどのような選択肢があるのでしょうか?
  人生設計をシュミレーションで確かめてみましょう!!

  ≫こちら



 ■収益物件を購入して成功されている方の実例を紹介しています
  ≫人生設計サクセスストーリー