TOPPAGE ≫ 人生設計情報館 〜不動産投資で成功するためのノウハウを紹介

人生設計情報館 〜不動産投資で成功するためのノウハウを紹介

不動産投資で成功するには!?

知識を得ることは、成功のための必要条件です。貪欲に知識を仕入れて勝ち組人生のスタートラインに立ち、その知識を元に積極的に行動し勝ち組人生を送りましょう。
本コンテンツはボリュームが多くて読むのは大変ですが、収益物件等の購入を検討されている方は、
是非お読みください。

 

 

 

人生設計情報館 〜不動産投資で成功するためのノウハウを紹介 
< 目 次 >

 
序論
人生で成功するということ
 
第1章
不動産投資の目的
 
第2章
不動産投資の特徴/メリット
(1)
現状の生活を維持したままで、確実に不労所得を得ることができる
(2)
不動産投資で、毎月毎月、給与と同じように定期的に所得を得ることができる
(3)
不動産投資で、不動産という資産が、雨の日も雪の日も働いてくれる
(4)
少ない資金で運用することができる。=借入金で投資することができる
(5)
不動産投資は、税制上の特典を享受することができる 〔重要〕
(6)
不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターンの投資です
(7)
不動産投資は、人々に生活空間を提供するやりがいのある事業です
(8)
投資対象の不動産が、インフレヘッジの機能を発揮してくれる 〔重要〕
(9)
不動産投資は、公的な年金を補完してくれる私的年金になる 〔重要〕
(10)
不動産投資は、時機を得れば、売買益(キャピタルゲイン)を得ることもできる 
(11)
不動産投資が相続税対策になる 〔重要〕
(12)
不動産投資で、自動的に生命保険に加入することができます
(13)
不動産投資は、博打的な要素がない優良な投資です
(14)
不動産投資は、或る意味リスク分散型の投資であるといえます
(15)
精神的なゆとりを実現してくれる投資です
(16)
不動産投資は土地などの財産のない方でも可能です
 
第3章
不動産投資の実践者の横顔
 
第4章
不動産投資のリスク/デメリット
(1)
不動産投資の空室リスク
(2)
不動産投資の現金化(売却)困難のリスク=流動性の低さ 〔重要〕
(3)
不動産投資の資産価格下落リスク 〔重要〕
(4)
不動産投資の借入れ金利上昇リスク
(5)
不動産投資の建物の老朽化リスク
(6)
不動産投資の地震・火災などの自然災害リスク
(7)
不動産投資の賃料下落リスク
(8)
不動産投資、賃料の滞納や無断退室(夜逃げ)のリスク
   
第5章
不動産投資のリスク回避策
(1)
不動産投資の空室リスク回避策 〔重要〕
(2)
不動産投資の現金化(売却)困難リスク=流動性の低さ回避策
(3)
不動産投資の資産価格下落リスクの回避策
(4)
不動産投資の借入れ金利上昇リスクの回避策
(5)
不動産投資の建物老朽化リスクの回避策
(6)
不動産投資の地震・火災など自然災害リスクの回避策
(7)
不動産投資の賃料下落リスクの回避策
(8)
不動産投資の賃料滞納や無断退室(夜逃げ)リスクの回避策
   
第6章 不動産投資物件の種類
(1)
アパート
(2)
マンション
(3)
戸建賃貸住宅
(4)
貸しビル
(5)
貸し店舗
(6)
貸し別荘
   
第7章 不動産投資物件の購入方法・スケジュール
(1)
まず投資物件を探します
(2)
気になる物件があったら、早速不動産業者に問い合わせて物件の資料を
(3)
契約が無事終了したら金融機関に融資の本申込みをします
   
第8章 失敗しない投資物件の選び方 〔重要〕
(1)
物件の種類
(2)
利回り
(3)
地域
(4)
駅からの距離
(5)
施工
(6)
設備
(7)
ネーミング
(8)
周囲の環境
   
第9章 投資物件のコストと利回り
(1)
投資物件のコスト
(2)
投資物件と利回り
   
第10章 不動産投資物件と金融
(1)
借入期間
(2)
銀行とのつき合いかた(融資信用を得るには)
(3)
融資に積極的な金融機関
(4)
融資の審査に必要な書類
(5)
融資が受けにくい不動産投資物件
   
第11章 不動産投資物件の維持・管理・入居者募集業務
(1)
不動産投資物件の維持
(2)
不動産投資物件の管理
(3)
入居者募集業務
   
第12章 不動産投資物件の出口戦略
   
第13章 不動産投資の現状
(1)
不況の今こそチャンス到来
(2)
リーマンショック後の不況の今
   
第14章 不動産投資の将来性
(1)
住宅を所有しない人が増えていくと思われます
(2)
価値観の多様化で住宅は買わずに、一生賃貸住宅でもいいと思う人が増えています
(3)
同じく価値観の多様化で一生独身のままで過ごす人々も増加傾向にあります
(4)
今後日本では人口が減少していくわけですが・・・
   

終章

不動産投資家様に対する当社のスタイル